English | 中文 (繁體) | 中文(简体) | 한국어 
att.JAPAN WEB
SiteSerch
Web att-japan.net
ホテル・旅館予約

 


att. 文化 - 歳時記 5 - 6月
att.JAPAN Issue 22, May 2005

歳時記 5 - 6月

4月も中旬を過ぎると日本人はそわそわしてきます。4月の終わりから5月の始めにかけて、大型連休、ゴールデンウィークが控えているからです。何かと気ぜわしかった新年度(4月のはじめ)も過ぎ、気候もよくなり、出かけるにはもってこいの季節です。旅行やアウトドアに出かける人も多いです。日本列島は新緑と色とりどりの花々で覆われます。

 5月
5月3日は憲法記念日。日本国憲法は、1947年5月3日に施行された。最近は改正の是非など、いろいろな議論がされるようになりました。護憲派や改憲派などが、それぞれ講演会や集会を行います。

こいのぼり5月5日は子供の日。この日は、遊園地などで子供のためのさまざまな催しが行われます。日本では古くから、女の子のための雛祭り(3月3日)、男の子のための端午の節句(5月5日)があります。そのため、子供の日といいながら、男の子のまつり、というイメージがあります。男の子のいる家では、鯉のぼりを上げ、武者人形やかぶとを飾ります。鯉のぼりは、立身出世を願う、とされています。また、武者人形とかぶとは、「強い男になってほしい」との願いからきています。菖蒲湯に入ったり、柏餅やちまきを食べます。個々の家々で飾られるだけではなく、大きな鯉のぼりや多数の鯉のぼりをあげ、観光名所となっている場所もあります。

5月の第2日曜日は母の日。アメリカから始まり、1947年には日本でも5月の第2日曜日が公式に母の日に定められました。カーネーションやプレゼントを母親に送る人も多いようです。デパートや専門店などでも、母の日セールと銘打ち、セールスに精を出します。あるデータによれば、日本での母の日市場規模はなんと5000億円もあるとか。クリスマス市場の1.25倍もあるというから驚きです。

水芭蕉5月は、さわやかな新緑の季節です。若葉の緑が目にまぶしくなります。北東北や北海道にはようやく遅い春が訪れ、桜が見ごろとなります。5月から6月にかけて、各地でもさまざまな花が咲き誇ります。フジ、ツツジ、ポピー、ミズバショウ、バラ。ハナショウブ、アジサイ、ラベンダー、等々。

葵祭り各地ではさまざまなイベントが行われます。ゴールデンウィーク、福岡では博多どんたく。思い思いの仮装をした人々がシャモジを叩いて街を練り歩き、踊りを披露します。京都では葵祭り。平安時代の風俗そのままに行われ、1kmにも及ぶ行列が下鴨神社から上賀茂神社へ向かいます。東京では、神田明神の神田祭、浅草神社の三社祭が行われます。

日本では新年度は4月から始まります。期待や不安の入り交じったあわただしい1ヶ月が過ぎると、本当にこの進路でよかったのだろうか、という迷いや悩みを感じ始める者もでてきます。無気力になり、心身まで悪くする症状が出ることもあります。特に5月だけに限った病気ではありませんが、この時期に目だつことから5月病と言われます。

5月は、中旬にオークス、下旬に日本ダービーと、2つの大きな競馬レースが府中の東京競馬場で行われます。これに4月の桜花賞、皐月賞、10月の菊花賞を加えた5大レースが、3歳馬の「クラシックレース」で、多くの競馬ファンを一喜一憂させます。

 6月
6月は、夏服への衣替えの季節です。学生や、会社の制服は、薄手の色の衣服へ衣替えをします。家庭でも、以前は冬服をしまい、夏服を出してきたものでした。しかし、このごろでは、Tシャツを夏は1枚で、冬は下着として、年中着るようになり、また1年中着られるような素材もあり、衣服の入れ換えをしない人も増えてきました。また夏の冷房対策でウールのカーデガンを着たり、逆に冬は暖房がきいていて暖かいためにノースリーブを着ている人もいたりして、衣替えという習慣が薄れてきました。

ハーレー6月になると、各地で田植え祭りが行われます。壬生でも豪華な花田植が行われます。北海道札幌では冬の札幌雪祭りに匹敵するイベント、YOSAKOIソーラン祭り。岩手県では馬に感謝・慰労をするチャグチャグ馬コが行われ、着飾った馬がパレードをします。沖縄では船漕ぎ競争、ハーレーが行われます。
6月中旬をすぎると、梅雨の季節が約1ヶ月続きます。梅雨は、春雨、秋雨と並ぶ日本の3つの雨期のひとつ。北海道は梅雨がないことが多いですが、年によっては降ることもあります。梅雨の前半は、低温でしとしとと降り、後半は集中豪雨などがよく起こります。梅雨に入ると、雨が続き、雨用の靴や、レインコートに傘といったいでたちで出かけることが多くなります。

夏のお中元商戦もたけなわとなります。もともと、旧暦の7月15日のことを中元といいました。現在では、お中元というと、上司やお世話になった方、親戚などに贈答をすることを指します。デパートは、夏の中元商戦に力を入れます。

梅雨が終われば日本列島は夏本番を迎えます。


阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター
Ads by Goooooogle

Copyright 2000-2007 FINEX Co., Ltd. | Design by 7dana.com