English | 中文 (繁體) | 中文(简体) | 한국어 
att.JAPAN WEB
SiteSerch
Web att-japan.net
ホテル・旅館予約

 


att. 文化 - 歳時記 1 - 2月
att.JAPAN Issue 20, January 2005

歳時記 1 - 2月

おせち料理お正月といえば、かつては3が日はお店はどこも休み、おせち料理を食べ、伝統的な遊びなどをして過ごしたものですが、最近様変わりをしています。
変わらない日本と、変貌していく日本。そんな今の日本の姿をお伝えします。
今号は1月-2月の日本の行事や暮らしについてです。

 正月行事
「あけましておめでとうございます」。
1年のはじめは、この言葉で始まります。
カレンダーを新しいものに代え、年末の大掃除できれいになった清清しい家で、家族が勢ぞろいするというのが伝統的な日本のお正月でした。家の前には門松を立て、しめ縄を飾ったものですが、最近はマンションに住む人が多くなり、そういう家は減ってきました。
普段は東京や都会で働いている人たちが、田舎に帰省し、家族が勢ぞろいするお正月は、核家族化が進行する日本では貴重な機会です。この帰省のために、高速道路や新幹線、飛行機は大混雑をします。

元旦の朝、新年の挨拶をして、お屠蘇を飲み、おせち料理やお雑煮を食べます。おせち料理は年末に家庭で作り、保存食としての意味もありましたが、料亭やデパートがおせちを販売するようになり、年中無休のコンビニや、元旦や2日から開ける店も増え、だんだんその意味が薄れてきています。餅つきをする家も少なくなりました。
最近では、海外やホテル、スキー場などですごす人も多くなりました。
元旦の朝には初日の出を見ます。
初詣に出かけます。着物を着る人もいます。
年賀状のやりとりをする習慣があります。12月のうちに投函したはがきが元旦に届きます。郵便局はこのために、大勢のアルバイトを雇い、元旦の朝一斉に配達をします。お年玉つきの年賀はがきは、1等は旅行などが当たります。パソコンで作成する人が増えてきましたが、昔ながらの筆や版画で風情のある年賀状を作る人もいます。家族の写真や、近況などを書き、お互いの状況を報告しあいます。作成するのは大変ですが、この年賀状を楽しみにしている人たちも多いようです。最近は、Happy New Year メール(Eメール)や携帯でのHappy New Yearコールをする人も増え、この時期は携帯電話がつながりにくくなります。

ぽち袋子供はお年玉をもらいます。かつては、凧揚げ、すごろく、羽根突き、カルタ、百人一首、福笑いといった遊びをしました。テレビはお正月の特番ばかりになります。初笑いの落語や漫才を楽しみます。書初めも行われ、小学生は宿題の書を書きます。

春の若菜を摘んで粥に入れるという習慣が、七草粥。しかし家の周辺で手に入れるのは難しくなりました。1月11日には鏡開きが行われます。鏡餅をさげ、雑煮や汁粉をつくります。

1月の第2日曜日には成人式が行われ、20歳を迎えた男女を祝う祭典が行われます。振袖を着る女性もいます。

 バーゲン
デパートや専門店では初売りがされ、福袋が飛ぶように売れていきます。バーゲンも始まります。

 会社、学校、社会
お正月休みが終わると、子供たちは受験シーズン本番を迎えます。中学入試、高校入試、そして大学入試があります。1月には大学入試のセンター試験が行われます。仕事始めは、1月4日ごろ。晴れ着の和服姿の女性もちらほら見られます。会社では、3月決算の会社が多いので、今年度の予算確認や、次年度予算・計画が始まります。1月下旬、国会再開。衆議員の予算委員会が始まります。

 ウィンタースポーツ
冬のスポーツといえば、スキー、スノーボードやスケート。そのあと温泉に入るのを楽しみにしている人もいます。スポーツ観戦も目白押し。ニューイヤー駅伝、1月2日、3日には箱根駅伝。大相撲初場所は1月中旬から。ラグビー日本選手権、高校ラグビーの決勝。サッカーは、全日本選手権(天皇杯)、高校選手権が行われます。スキーやスケートの大会も行われます。

 冬の暮らし
1月、2月は1年の中で最も寒い時期です。比較的暖かい太平洋側でも雪が降ることがあります。日本海側では豪雪がみられます。寒い日には、鍋料理を食べ、こたつに入ってみかんを食べます。ふぐや牡蠣フライなども美味しい季節です。風邪やインフルエンザもはやって、学級閉鎖されることもあります。2月になるとスギ花粉なども飛び始め、花粉症の症状が出る人もいます。道路工事などの公共工事も増え、思わぬところで渋滞になることがあります。

かまくら 1月-2月の祭り、イベント
雪国では、雪祭りや氷の祭典、夜間のライトアップといったお祭りが行われます。札幌の雪まつりはその中でも最も大規模で多くの人が訪れます。日本人は野球好き。2/1からプロ野球がキャンプインし、2月終盤からプロ野球オープン戦が始まります。
2/14は、バレンタインデー。なぜか日本では女性から好きな男性へチョコレートをあげるという日になっています。
節分は季節の分かれ目のことを言い、2月の節分は冬から春への境目になります。「鬼は外、福は内」と唱え、豆をまきます。年の数だけ豆を食べる習慣もあります。寺でも豆まきの行事が行われます。大阪では巻き寿司をきらずに黙って食べる、という習慣があります。
かまくらは小正月の行事。雪室を作り、水神様を祀ります。
北海道オホーツク海には流氷が見られます。1月中旬から3月下旬までの間はほとんど流氷で覆われます。

 春のたより
1年で最も寒い2月ですが、終わりには、南からの強風、春一番が吹きます。
庭先の梅の花が咲き、梅園では梅祭りが開催されます。店頭にはパステルカラーの春色の服が並ぶようになります。沖縄では桜が満開。伊豆の河津の早桜も咲きます。少し春の予感がしてきます。


阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター
Ads by Goooooogle

Copyright 2000-2007 FINEX Co., Ltd. | Design by 7dana.com